リプロベイション

Reprobation/叱責
系統 変成術呪い、本文参照];呪文レベル オラクル/クレリック5ドルイド5インクィジター4パラディン4
発動時間 1分
構成要素 音声動作信仰
距離 近距離(25フィート+5フィート/2レベル
目標 術者の信仰クリーチャー1体
持続時間 永続
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗

術者は術者の信仰から外れた目標呪いを発動し、信仰教義に反する行か行動にを与える。これには3つの効果がある。

第一に、目標は術者の信仰のメンバーにだけ見える魔法的な印を刻まれる。この印は目標が罪を犯しており、信仰者が助けるべきでない者であることを示す。同様に、目標は印のために迫害を受けることはない(印を得た後でそれらの犯罪を行っていたことが知られた場合に、秩序信仰のメンバーがその犯人を投獄することは妨げないが)。

第二に、目標は有益な信仰呪文響を受けず、他者の発動した術者の信仰呪文的にあたり常に敵として扱われる。えば、術者の信仰のメンバーが発動したキュア・ライト・ウーンズ目標に何の効果もない。術者の信仰クレリックプレイヤーを発動させた場合、目標クレリックへの友情とは関わりなく、呪文目標恩恵ではなくペナルティを与える。

第三に、目標が術者の信仰のメンバー基本クラス信仰呪文使いであるか、その他の能神格から与えられていた場合、印がある限りこれらの能は使えなくなる。えば、術者の信仰パラディンパラディン呪文の発動、癒しの手その他のクラスの使用ができなくなる。目標が他の信仰に入信するとこれらの能を再び使用できるが、新たな神格目標を受け入れたとしても、術者の信仰のメンバーからは印は見えるままで残っている。

このセーヴィング・スロー不可の強呪文は、罪に値せぬ厳しい違背をするか、術者が厳を与えるよりも慈悲を好む場合に使用される。しかしながら、呪文にはその乱用を防ぐ1つの欠点がある。目標が術者の神格に対していかなる背信も行も行っていなかった場合、この呪文目標には何の効果も与えず、たとえ何の違反を犯していなくても代わりに術者自身響を与える。この潜在的な反動は、信仰のメンバー退廃した審問に走ることを防ぎ、ほとんどの罪過が判決を下す前に慎重調査通常魔法で確認する)されることを意味する。

この印は他の[呪い効果のように除去することができる。加えて、術者の信仰のメンバーアトーンメントを使用して、この呪文術者レベルに対する術者レベル判定に成功すると呪いを破ることができる。を終了させるためのリムーヴ・カースも、その術者がこの呪文の術者の信仰のメンバーで、かつ術者レベル判定を行うことを必要とする。


全文検索 目的別索引