サリフュージド

サリフュージド:ジャイアント・サリフュージド Giant Solifugid

この褐色のクリーチャーは10本足の蜘蛛に似ている。ビーズのようなの下で大きすぎる顎がゆっくりと擦り合わされている。

ジャイアント・サリフュージド 脅威度1 Giant Solifugid

経験点400
真なる中立小型サイズ
イニシアチブ +2;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 14、接触13、立ちすくみ12(+1外皮、+1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 13(2d8+4)
頑健 +5、反応 +2、意志 +0
完全耐性 [精神作用]効果

攻撃

移動速度 50フィート、登攀30フィート
近接 噛みつき=+3(1d6+1)、(×2)=+3(1d3+1)
特殊攻撃 かきむしり(×2)、1d3+1)

一般データ

【筋】12、【敏】15、【耐】15、【知】―、【判】11、【魅】2
基本攻撃 +1;戦技ボーナス +1;戦技防御値 13(対足払い25)
技能 〈隠密〉+10、〈知覚〉+4、〈登攀〉+9;種族修正 +4〈隠密〉、+4〈知覚〉

生態

出現環境 暑熱/砂漠
編成 単体、2体、または共棲集団(3~6)
宝物 なし

サリフュージドとして“キャメルスパイダー”、“ワインド・スコーピオン”、あるいは“サン・スパイダー”とも呼ばれるが、実際はスパイダーでもスコーピオンでもなく、それ自体の独立したである。の近くに大きな触肢があり、2組の垂直に並んだ大顎で獲物を食べる間、相憎みつき押さえつける。集団で狩をする場合は、他のサリフュージドがすでに組みついている目標攻撃するのを好む。巨大サリフュージドのさまざまなは一般に8本のがあるが、前面の2本の触肢はよく更なる1対の足であると間違われることがある。アルバイノ・ケイヴ・サルフュージドのような一部のではより少ないしかないが、全てのサリフュージド攻撃的である。

以下の表は上に上げた2以外の最も一般的な変である。これらのの多くは、ルモアハズのおそろしい出血をもたらす攻撃のような、追加の特有の能力を持つ。

表:サリフュージドの亜種

種類

脅威度

サイズ

ヒット・ダイス

ドッグイーティング・サリフュージド

1/2

超小型

1

イエロー・テラーサリフュージド

8

大型

10

レイザーマウス・サリフュージド

11

超大型

13

バンシーサリフュージド

15

巨大

16

デューンシェイカー・サリフュージド

18

超巨大

20

サリフュージド:アルバイノ・ケイヴ・サリフュージド Albino Cave Solifugid

この蜘蛛に似たクリーチャーの前肢の先端は、大きな押さえ込みようのとなっている。その口からは1対の巨大な垂直の大顎が露になっている。

アルバイノ・ケイヴ・サリフュージド 脅威度4 Albino Cave Solifugid

経験点1,200
真なる中立中型サイズ
イニシアチブ +1;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 17、接触11、立ちすくみ16(+6外皮、+1【敏】
ヒット・ポイント 45(6d8+18)
頑健 +8、反応 +3、意志 +2
完全耐性 [精神作用]効果

攻撃

移動速度 50フィート、登攀30フィート
近接 噛みつき=+7(1d8+3)、(×2)=+7(1d4+3)
特殊攻撃 かきむしり(×2)、1d6+4)、飛びかかり

一般データ

【筋】16、【敏】13、【耐】17、【知】―、【判】11、【魅】2
基本攻撃 +4;戦技ボーナス +7;戦技防御値 18(対足払い26)
技能 〈隠密〉+5、〈知覚〉+4、〈登攀〉+11;種族修正 +4〈隠密〉、+4〈知覚〉

生態

出現環境 気候問わず/地下
編成 単体、2体、または共棲集団(3~6)
宝物 なし

この6のアルバイノ・ケイヴ・サルフュージドはその攻撃的な狩猟様式によってよく知られている。その長は5フィート、体重は100ポンド。


全文検索 目的別索引