コウドスピーク

コウドスピーク

(Codespeak/暗号会話)
出典 Ultimate Intrigue 206ページSecond Darkness Player's Guide 26ページBlack Markets 24ページ
系統変成術レベルredmantisassassin2、アーケイニスト2、インクィジター2ウィザード2オカルティスト2、サイキック2、シャーマン2、スカルド2、ソーサラー2バード2ミーディアム2、メスメリスト2
発動時間標準アクション
構成要素音声動作物質複雑ルーンの書かれた片、術者のの上に置くこと)
距離近距離(25フィート+5フィート/2レベル
目標術者、加えて同意するクリーチャー1体/2レベル、ただしそのうちのどの2体をとっても30フィート以内の距離に収まっていなければならない
持続時間10分/レベル(解除可)
セーヴィング・スロー不可;呪文抵抗不可

この呪文を発動すると、全ての目標は完全に新規の言語1つを会話する能を得る。呪文響を受けていないものにとっては、この言語は無作為なぶくぶくという音節に聞こえる。しかし、目標は互いの言葉を完全に理解する。

コウドスピーク効果を受けたものは、この新しい言語を読み書きする能も得る。しかし、この呪文が終了すると、書かれた文書は全く意味のわからないものになってしまう。完全に同じメンバーを対象にして、同じ術者がコウドスピークを再度発動すれば、過去に新しい言語で書かれた文書を読むことができる。専的な暗号解読者であればこの文書を解読できる可能性がある。暗号を1ページ分解読するたびに、難易度30の〈言語学〉判定に成功する必要がある。

コンプリヘンド・ランゲージズを使用しても、ほかの術者が使用したコウドスピーク言語を理解できるようにはならない。しかし、目標魔法的な言語を話していることを理解できる。タンズコウドスピークによる言語通常通り翻訳する。


全文検索 目的別索引