サイキック・イメージ

Psychic Image念術
系統幻術操影);呪文レベルサイキック9
発動時間1標準アクション
構成要素音声
距離長距離(400フィート+40フィート/レベル
効果でできた複製1つ
持続時間1ラウンドレベル(解除可)
セーヴィング・スロー意志看破(やりとりがあった場合);呪文抵抗

術者は半ば現実の、自分を投したで自分の意識を覆い隠すサイキック・イメージは術者のように見、聞き、臭いを感じるが、触れることはできない。術者の精神の中にいる間、術者はそれが自分の体であるかのように操ることができるが、実際に存在する物体に直接効果を及ぼすことはできない。飛行移動速度60フィート(機動性は完璧)で移動する。の中にいる間、術者の間隔はこのが見聞きしたことのみを感じ、術者の体は聴覚喪失状態無防備状態、かつ盲目状態として扱われる。術者は即行アクションにより、と自分の体の間を切り替えることができる。精神体にいる間、は同様に無防備状態となる。

術者の非実体であるかのように固体を通過することができる。は術者の接敵面の大きさ(小型および中型のクリーチャーは5フィート)までしか、固体の中に入り込むことはできない。非実体クリーチャー効果を及ぼすかどうかにかかわらず、はほとんどの攻撃効果によってダメージを受けることがない。しかし[精神作用]効果は、術者の精神がいるかどうかにかかわらず、サイキック・イメージに対して全ての効果をもたらす。

術者が望むなら、術者がの中にいる間、距離接触かそれより長い念術呪文ないし擬似呪文能力を発動することができる。え術者が修得しているとしても、術者はから念術呪文でない呪文を発動することはできない。サイキック・イメージが自分から発動できるのは幻術系統念術呪文のみである。呪文は他の目標通常通り効果を及ぼすが、サイキック・イメージを起点とする。

物体意志セーヴに成功したかのようにサイキック・イメージ響を受ける。術者とサイキック・イメージとの間に効果線を維持する必要はないが、ディメンジョン・ドアブリンクその他呪文で術者が一瞬でも他の次元界を通過するようなことがあれば、この呪文は終了する。


全文検索 目的別索引