インターポージング・ハンド

Interposing Hand/立ちふさがる
系統 力術場];呪文レベル ウィザード/ソーサラー5
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声動作焦点(柔らかいぶん)
距離 中距離(100フィート+10フィート/レベル
効果 10フィートの
持続時間 1ラウンドレベル(解除可)
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗

インターポージング・ハンドサイズ大型魔法を作り出し、術者と敵1体の間に出現させる。だけを切り取ったようなこの浮遊体は、両者の間に留まるように移動し、術者がどこへ移動しようと、敵がどのように回り込もうとしようと、その敵に対する遮蔽(+4AC)を術者に提供する。どんなことをしようと、このを欺くことはできない―暗闇の中であろうと、インヴィジビリティ不可視状態になっていようとポリモーフしようと、その他どのように隠れたり変装したりしようと、は術者が選んだ敵の前に立ちはだかる。ただし、は相を追いかけたりはしない。

インターポージング・ハンドは指を伸ばした状態で縦横10フィートの大きさがある。ダメージを受けていない状態の術者と同じヒット・ポイントを持ち、アーマー・クラスは20(-1サイズ、+11外皮)である。通常クリーチャーと同様にダメージを受けるが、ダメージを及ぼさない魔法効果のほとんどから作用を受けない。

が敵の機会攻撃を誘発することはない。ウォール・オヴ・フォースを押し通ったり、アンティマジック・フィールドの中に入ったりすることはできないが、プリズマティック・ウォールプリズマティック・スフィアー効果はすべて受ける。セーヴィング・スローは術者と同じである。

ディスインテグレイトをかけるか、ディスペル・マジックに成功すれば、破壊できる。

体重2,000ポンド以下のクリーチャー押しのけようとした場合、移動速度通常の半分になる。は体重が2,000ポンドより重い敵の移動速度を遅くすることはできないが、それでもその攻撃には作用を及ぼすことができる。

この呪文を別の目標に向け直すには、1移動アクションを要する。


全文検索 目的別索引