ハウリング・アゴニー

Howling Agony/叫ぶ苦痛
系統 死霊術[即苦痛];呪文レベル インクィジター2ウィザード/ソーサラー3ウィッチ3
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声動作物質と乾いた眼球)
距離 近距離(25フィート+5フィート/2レベル
目標 生きているクリーチャー1体/レベル、ただしそのうちのどの2体をとっても30フィート以内の距離に収まっていなければならない
持続時間 1 ラウンドレベル
セーヴィング・スロー 頑健無効呪文抵抗

術者は目標体に割れるような苦痛を送る。響を受けたクリーチャー苦痛によりアーマー・クラス攻撃近接ダメージ・ロール、および反応セーヴィング・スローに-2ペナルティを負い、呪文を発動するために精神集中判定難易度はこの呪文難易度に等しい)に成功することが必要となる。しかしながら、響を受けたクリーチャー移動アクションを費やしてのかぎり悲鳴をあげることで、そのターンに各ペナルティを受けずに行動できる。この呪文的で“悲鳴をあげる”ことには、痛みによる呻きや、同様のテレパシーが含まれる。叫ぶことのできないクリーチャー(意思疎通や発声の通常を持たないクリーチャーのように)は呪文の最大の効果を受ける。


全文検索 目的別索引