サモナー(アンチェインド)

アンチェインド・サモナーのアーキタイプ Unchained Summoner‎ Archetypes

悪魔詐欺師アーキタイプDevil Impostor

一部のサモナーデヴィルの残虐性を我慢することができないか、彼らの裏をかくことができないが、外方次元界あるいは獄の響を受けた類似の場所を通るためにそうするように見えなければならない。本当のデヴィルを結びつける危険を冒すよりは、彼らの幻獣を欺くような形状に再構築する。

技能/Skills:悪魔詐欺師〈はったり〉〈威圧〉を彼女のクラス技能のリストへ加える。これはアンチェインド・サモナークラス技能と置き換える。

属性結合(超常)/Bond Alignment2レベル悪魔詐欺師と彼女の幻獣がお互い1,000フィート以内にいる限り、オーラを明らかにする占術呪文ディテクト・イーヴルなど)の的で秩序にして悪属性オーラを発している。これは属性に基づく他の能響を及ぼさない(悪を討つ一撃など)。悪魔詐欺師標準アクションとして1分間この効果を抑止することができる。この能感覚結合と置き換える。

幻獣(超常)/Deceptive Eidolon:悪魔詐欺師幻獣は常に同じサイズの特定の種類デヴィルに似ていて(術者が選択する)、実際の属性に関係なくディテクト・イーヴルなどの魔法効果のもとで秩序にして悪オーラを放つ。幻獣は、他の全ての属性に依存する能効果呪文を解決するときは依然として実際の属性を使用する。その外見は常にデヴィル外見であるが、幻獣は副種別を持つことができ、それは真の副種別が利用できる進化を選択することができるだけである。この能通常幻獣のルールと置き換える。

魔鬼召喚(擬呪)/Fiendish Summons:悪魔詐欺師は彼女のサモン・モンスター擬似呪文能力を通じて招来されるクリーチャーに、彼女の属性に関係なく、フィーンディッシュ・テンプレートを適用しなければならない。この能アンチェインド・サモナーサモン・モンスターの能と置き換える。

(変則)/Devil's Flesh:4レベルで、悪魔詐欺師幻獣はいくつかのフィーンディッシュの特徴を得る。悪魔詐欺師幻獣得意技能〈はったり〉と、抵抗]の進化を得る(すでに[]に対する抵抗を持っている場合[]に対する完全耐性を得る)。この幻獣デヴィルの副種別の追加の進化を選択できる。この能味方の盾と置き換える。

(変則)/Devil's Tongue:12レベルで、悪魔詐欺師幻獣は、〈はったり〉〈交渉〉〈威圧〉技能判定を試みるときその主人の技能ランク習熟ボーナスを適用することができる。この能上級味方の盾と置き換える。

魔鬼の姿(擬呪)/Fiendish Appearance:8レベル悪魔詐欺師は即座に彼女の幻獣を送還し、その外見を採るために彼女の創造者の呼び声の能を使用することができる。これは、悪魔詐欺師を彼女の幻獣の複製へと変化するオルター・セルフ呪文で修正されるものとして機能する。彼女は幻獣が得ている1回の肉体攻撃を得、幻獣小型より小さいか、中型より大きい場合は彼女はその幻獣小型あるいは中型サイズのものの形状となる。この変化は10×彼女のアンチェインド・サモナーの有効レベル分間あるいは幻獣が再招来されるまで継続する。この能入れ替わりの能と置き換える。

出典:Pathfinder Player Companion:Agents of Evil © 2015, Paizo Inc.; Author:Thurston Hillman.


全文検索 目的別索引