バード

バードのアーキタイプ Bard Archetypes

仲裁人アーキタイプArbiter

呪芸仲裁人は以下の種類バードの呪芸を得る。

チームワーク鼓舞呪芸(変則)/Inspire Teamwork:3レベル仲裁人は、バードチームワーク特技からボーナスを得るかどうか決定する的でバードと同じチームワーク特技を所有するかのように彼の味方を扱うために彼の呪芸を使用することができる。彼らは実際に特技を所有していない限りこれらの特技から彼の味方はボーナスを得ない。味方の位置決めと行動はリストにあるボーナスを受け取るためにバードのためのチームワーク特技のリストにある必要条件を依然として満たす必要がある。この呪芸自信鼓舞の呪芸と置き換える。

和解の儀(超常)/Ritual of Reconciliation:8レベル以降の仲裁人クリーチャーの態度を2段階改するために彼の呪芸を使うことができる。響を与えるためにクリーチャーは30フィート以内にいなければならず、バードのことを聞くことができなければならない。バードに対する態度が中立的より良くなるクリーチャーは、バードと彼の味方を攻撃することをやめるか、さもなければ、彼の好きなように行動する。クリーチャーが30フィート以内にいる間は、効果は持続し、バードは彼の呪芸を続ける。バードの味方の一人がクリーチャー攻撃するならば、効果は終了する。意志セーヴィング・スローに成功することは効果無効化する(難易度=10+バードレベルの1/2+バード【魅力】修正値)。和解の儀は聞き取れる要素に依存する。この呪芸悲運の葬送歌と置き換える。

万能なるチームワーク(変則)/Versatile Teamwork:2レベル仲裁人ボーナスチームワーク特技を得る。仲裁人6レベルとその後4レベル毎に追加のボーナスチームワーク特技を得る。この能万能なる芸熟達者と置き換える。

出典:Pathfinder Player Companion:Bastards of Golarion © 2014, Paizo Publishing, LLC; Authors:Judy Bauer, Neal Litherland, Ryan Macklin, and David 真なる中立. Ross.

秘術の回復士アーキタイプArcane Healer

思考するバードは病人と負傷者、純粋な利他的な主義から両方共を癒したい異なる理由があるかもしれない。そして冒険をしている仲間を安全にするために、回復は、豊富な詐欺と詐称のを開け、クレリック信仰回復者を装うことをはるかに容易にする。

エネルギー放出(超常)/Channel Energy:レベル2で、秘術の回復士クレリックより1レベル低いものとして正のエネルギー放出の能を得る。エネルギー放出効果範囲内のクリーチャーがこの効果に対してセーヴィング・スローを行う場合、難易度は 10+秘術の回復士レベルの1/2+【判断力】修正値である。秘術の回復士レベル2で1日1回だけこの能を使用でき、レベル4毎に1日あたりの追加の使用回数を1加える。レベル18で最大1日に5回となる。この能万能なる芸と置き換える。

治癒鼓舞呪芸(擬呪)/Inspiring Healing:レベル5で、秘術の回復士は自分の味方に追加の効果呪芸に与える追加ラウンドの能を得る。 2ラウンド呪芸を使用すると、擬似呪文としてキュア・ライト・ウーンズ呪文を使用できる。11レベルには、2ラウンド呪芸を使用すると、擬似呪文としてキュア・モデレット・ウーンズ呪文を使用できる。17レベルには、2ラウンド呪芸を使用すると、擬似呪文としてキュア・シリアス・ウーンズ呪文を使用できる。同じ目標は、24時間に1回までしか治癒鼓舞呪芸の能を受けることはできない。この能博識と置き換える。

出典:Pathfinder Player Companion:Faiths & Philosophies © 2013, Paizo Publishing, LLC; Authors:Savannah Broadway, Paris Crenshaw, Neall Raemonn Price, David Ross, Owen K. C. Stephens, and James L. Sutter.

詩人の武器アーキタイプBardic Weapon

バード武器/Bardic Weapon:1レベルバードボーナス特技として《軍用武器習熟》を得る。5レベルと以降6レベル毎にバードバード武器に関連した戦闘特技を選択することができる。この能バードの知識博識と置き換える。

出典:Strategists and Tacticians. Copyright 2010, 4 Winds Fantasy Gaming; Author Ryan Costello, Jr.

上級万能なる芸 Advanced Versatile Performances

6レベル開始に、万能なる芸の追加の技能を選択する代わりにバードあるいはスカルドはそれまでに万能なる芸で選択した〈芸能〉のために上級万能なる芸を選択することができる。
一部の上級万能なる芸バードあるいはスカルドが選択するための必要条件を満たす場合のみ選択することができる。

万能なる芸を置き換えるアーキタイプを持つバードあるいはスカルド上級万能なる芸を選択することはできない。

拡張された多様性(変則)/Expanded Versatility:バード万能なる芸をで選択した〈芸能〉を1つ選択する。万能なる芸の能的で選択した〈芸能〉技能と関連している技能のリストに以下の技能を1つ加える:〈はったり〉〈交渉〉〈変装〉〈脱出術〉〈動物使い〉〈威圧〉〈真意看破〉〈魔法装置使用〉。この選択は複数回選択することができるが、技能は2回以上同じ〈芸能〉技能に関連した技能を選択することはできない。

武勇呪芸(変則)/Martial Performance:バード万能なる芸で選択した〈芸能〉と関連するファイター武器グループに属している武器を1つ選択する(下記参照)。バードはこの武器への習熟を得る。バードがすでにその武器習熟しているか、のちに習熟するならば、代わりにボーナス特技としてその武器への《武器熟練》を得る。加えて、ファイター武器グループに関連したそれらの〈芸能〉技能から選択した武器特技を得る的でバードの有効ファイターレベルバードレベルの1/2に等しい。〈芸能〉と関連したファイター武器グループは以下の鳥である:演劇(近距離双頭)、お笑い(フレイル、投擲)、舞踏(モンクスピア)、鍵盤楽器ハンマー攻城兵器)、朗誦(重刀剣、軽刀剣)、打楽器近接ハンマー)、歌唱(アックス、ボウ)、管楽器モンク、投擲)。

&(){出典}:Pathfinder Player Companion:Blood of the Beast

全文検索 目的別索引