擲弾兵

擲弾兵アルケミストGrenadier

出典 Pathfinder Society Field Guide 30ページ

擲弾兵変異薬効果がない場合であっても、激しい戦闘において自らの能を発揮できるよう訓練している。彼らは武器による攻撃錬金術魔法を組合わせる法を学び、錬金術爆弾錬金術アイテムの使用を戦闘技術と組み合わせてより強にするため、に関する技術を諦めている。迅速爆弾錬金術アイテムを扱う技術の一般的でない副次的な効果として、擲弾兵危険を冒すことなくポーション、エリクサー、あるいは変異薬を素早く安全に飲むことを習得する。擲弾兵は次のクラスの特徴を持っている。

訳注:「ポーション類を素早く安全に飲める」の下りに関してフォーラムの投稿に寄れば、著者に尋ねたところ、開発にあった能だが説明文から削除し忘れたものという報告あり。参考https://paizo.com/threads/rzs2q1y8?Grenadier-Flavor-Rules-Mismatch#7

軍用武器習熟/Martial Weapon Proficiency:1レベル点で、擲弾兵習熟した武器として1つの軍用武器を選択する。この能は“ポーション作成”と置き換える。

錬金術武器(超常)/Alchemical Weapon:2レベル点で、擲弾兵移動アクションとして、1つの武器、または矢弾に1つの有害な錬金術の液体または末(錬金術師の火くしゃみ粉)を注入することができるようになる。このアクションにより注入した錬金術アイテムは消費されるが、その効果は対象の武器に移る。この錬金術アイテムはこの武器が命中したクリーチャーに完全な効果を及ぼすが、飛散や拡散、またはその他の追加の目標を得る効果は発生しない。追加で与えるダメージは、ダメージボーナス・ダイスのように扱われ、クリティカル・ヒットにより倍加されない。この錬金術処置は処置を行った武器に有害な効果を及ぼさず、攻撃が命中しなかった場合は処置した1分後に効果が切れる。6レベル点で、擲弾兵錬金術武器の能即行アクションで使用できるようになる。15レベルの点で、この能フリー・アクションで使用できるようになる。この能は“毒に対する抵抗”と置き換える。

精密爆弾(変則)/Precise Bombs:2レベル点で、擲弾兵精密爆弾錬金術師発見ボーナス発見として獲得する。この能は“毒の使用”と置き換える。

指向爆発(超常)/Directed Blast:6レベル点で、擲弾兵爆弾を円形ではなく20フィートの円錐形に飛散させるように爆発されることができるようになる。この円錐形アルケミストの位置から開始し、アルケミストが指示した方向に広がっていく。アルケミストは、この円錐形マスの中にいるクリーチャー1体を爆弾の標的として指定し、そのクリーチャーに対し攻撃ロールを行う;円錐形その他マスにいるクリーチャーは飛散ダメージを受ける。アルケミストが“爆散爆弾”の発見を持っており、“指向爆破”を行った場合、飛散ダメージ円錐形は20フィートではなく30フィートまで伸びる。この能は“素早い”と置き換える。

よろめき化爆発(超常)/Staggering Blast:10レベル点で、擲弾兵爆弾は極めて圧倒的な爆発を持つようになる。擲弾兵爆弾クリティカル・ヒットを成功させたとき、爆弾が直接命中したクリーチャーは1d4ラウンドの間、よろめき状態になる。頑健セーヴ難易度爆弾の飛散ダメージを避ける反応セーヴ難易度に等しい)に成功した場合持続時間は1ラウンドになる。この能効果は“霜爆弾”のよろめき化効果累積するが、《よろめき化クリティカル》特技効果とは累積しない。“よろめき化爆発”による追加の命中はこの効果の合計持続時間に追加する。この能は“に対する完全耐性”と置き換える。

全文検索 目的別索引